• 2020年11月2日
  • 2020年11月2日

遺産を寄付したい!二つの方法と注意点

生前携わっていた慈善活動があったり、お世話になっていた団体があるような場合、自分が亡くなった後に遺産を寄付したいという意思がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 方法としては、遺言で行う方法と死後に相続人に寄付をしてもらう方法の2つの方法が考え […]

  • 2020年10月28日
  • 2020年10月28日

保佐人とは?3つ後見制度のうち保佐人を後見人、補助人と比較し解説いたします。

ご親族などの中に判断能力が著しく低下した場合には「後見人」、「保佐人」や「補助人」をつけることによって判断能力の低下した方の法律行為をサポートしてもらうことができます。 しかし、同じような制度が存在するため、「保佐人の役割が分からない」「後見人や補助 […]

  • 2020年10月28日
  • 2020年10月28日

相続における後見人の役割とは

相続人の中に認知症の人がいる場合には、後見人を立てなければならないケースがあります。 どのケースで後見人を立てる必要があるのか、後見人を立てる必要がないケースはどのような場面か、相続手続を進める前に理解しておいた方がよいでしょう。 相続手続に後見人が […]

  • 2020年10月28日
  • 2020年10月28日

成年後見人になるために必要な手続きをまとめてみました。

親族の中に、認知症などによって判断能力が低下した方がいる場合には、後見人を選定することによって判断能力が低下した人の法律行為のサポートをしてもらうことができます。 しかし「後見人を選定したい」と言っても「どこに相談したらいいかわからない」「どんな手続 […]

  • 2020年10月25日
  • 2020年10月28日

後見人制度とは? 後見人が「できること」と「できないこと」をまとめました。

認知症の方は車の売買や自宅の売買などの契約行為を単独で行うことが困難です。 本格的な高齢化社会となった現代において、認知症の方の法律的な契約行為などをサポートする存在として後見人制度を利用しなければならないケースが増えています。 ご自身やご親族が認知 […]

  • 2020年10月25日
  • 2020年10月28日

成年後見制度利用のメリット・デメリットについて徹底解説

ご自身や親族が認知症などによって判断能力が低下した場合、成年後見制度を利用することがあります。 人生100年時代と言われる現代において、老い支度として判断能力がしっかりとしているうちから成年後見制度の検討は必要です。 また、ご親族の認知度が低下した場 […]

NO IMAGE